酒の待遇が重い某酒屋循環仕事場あなたたちは何を販売しているの?

先日夜に某コンビニで販売していた国中酒を持続。
家で飲んでみると明らかにフレーバーが劣化してあり、たいてい別途クレームを入れるわけではなく、流し台に捨てたのですが、昼そのコンビニエンスストアを通ってみるとなんとも日光が店内に塞がり、酒の在るカーブにもUVが降り注いでいたのです。
およそ劣化していた誘因が分かったのですが、こうした対応を罹るお酒が不憫になってしまいました。
本当は以外でも似たような風景を見たことがあり、それは国道沿い等でのランチタイムをよく見かける国内進展の酒屋チェーンで、ベルギービールやドイツビールといった貴重なクラフトビールの瓶が西日で光り輝いてあり、札が日焼けしていました。
勿論そんなもの買う気など起きませんでしたが、心からお酒を造ったそれぞれが不憫になる景観でした。
こんなアジアの最果てでUVにさらす為に造ったわけでなかろうに…。だいたいそのアイテムを扱う以来、店員には最低限の見聞や心意気を身につけてほしいのですが、や〇やではそういった伝授トレーニングや授業は行っていないのでしょうか?www.loslunasreads.com