いつの世の中も生じるDV不都合について考えてみました

子供達や成人まで「乱暴」や「イジメ」「セクハラ」を理由に本人生を絶つ輩が後を絶ちません。
自身にとってはそれが「生を絶つ」ほどの理由であったかと思いますが、それにしてもはなはだ勿体無いと絶えず思います。ヤツを含め生きとし生けるものは皆本当に「死」がやってきます。当然僕たちはこの世の中で極度規準の英知を持つ「ヤツ」として出来上がり、しかも世界の取り分け、金持ちで治安のよい「全国」に生まれていらっしゃる。これだけでも「神さま」であると実感しなければならないのに、中傷意地悪やありもしないでっち上げでの乱暴などに心中を傷め、これから「本人死を」選択して仕舞う。確かに精神的にせっぱ詰まると、そんな実践を選択してしまうが、そんなふうにおもう前に考えてほしいことがあります。それは「生きたくても生きられない自分」がいること、そして「必死に生きていこう」としている輩も沢山いることです。具体的には「疾患」に冒されている輩、競争トラブル場で生きている自分、貧乏に悩む自分、重病で身体的な引け目がある輩、その他数え切れない多くの「恵まれていない」輩が頑張って生きてある。そういった自分を取り上げたドキュメント企画を見て、自分の現状と比べてほしいと常に思います。学業のプランも無理強いプログラム(モラル)としてそういう企画を流せばとにかく効果があると個人的には思っています。「乱暴」は壊滅できません。社会に出ても乱暴はどこにでも存在します。大事なのはその乱暴に耐えられるか、または打ち勝つか、あるいは逃げ出せるか、ということです。乱暴に屈して「死」を選ぶという候補は「敗戦」です。美味しい毛蟹の通販サイトはこちら